熊本大学 工学部 材料・応用化学科 物質材料工学 教育プログラム (旧マテリアル工学科)

井口君、投稿論文アクセプト!

材料物性学研究室M2の井口健斗君の論文がMaterials Transactionsに掲載されました!おめでとう!

 

Kento Inokuchi, Masayuki Tsushida, Hiromoto Kitahara and Shinji Ando

Effects of Cerium Addition on Fatigue Fracture Behavior of Magnesium Single Crystals.
Materials Transactions 60 (2019) 1601-1604.

マグネシウム単結晶の疲労破壊挙動に対するセリウムの影響: マグネシウムは軽量で比強度が高いことからこれからの航空機や自動車への応用が期待されています。そのためには,繰り返し荷重によって生じる「疲労破壊」に対して強いマグネシウム合金を開発しなければなりません。この論文ではマグネシウムの疲労破壊に対するセリウムの影響を,マグネシウム合金単結晶を用いて調査しました。その結果,ごくわずかなセリウム添加によって,疲労破壊が起こるまでの寿命が長くなることを見出しました。